エッセイ by 自殺未遂当事者の会-芯-

当会は札幌市北区(北18条駅近辺)に拠点を置く、自殺未遂当事者による自殺未遂当事者のための自己救済活動を行う自助グループです。当事者が少しでも楽になることを目指し、自分の生きていく「芯」を持つ意味を探す場所として当会を有効活用して下されば幸いです。

言葉にできない

”恋は一度と思ってた”

 

私は「恋は命がけ」だと思って生きてます。

だから今のパートナーがいなくなったら、私は死にます。

 

23歳の夏の日、私はある人を好きになりました。

今まではクラスメイトだったけど、クラス会の幹事を一緒にしたり、帰りも車で送ってくれたりと、優しい彼でした。

でも一か月も過ぎたころから怪しくなり、結果、私の一番の友達だった長い髪の女に、

彼を寝取られました。

 

そして、私は死を選びました。

けれど失敗し、神様に生かされました。

生かされた私は、彼を彼女をストーカーし、それが楽しみになっていき、

荒んだ生活を送っていました。

 

そんな私を、どうしようもない私を、救ってくれようとした人がいました。

17歳から私のいいとこ悪いところを知ってるただひとりの人。

 

私は、彼女を殺そうとしました。

殺したいという思いを抑えきれない私は、

部屋に彼女の遺影を飾った祭壇をつくったのです。

 

それを見たその人が、ある映画を一緒に観ようと言い観ました。

「手紙」という東野圭吾山田孝之主演の映画です。

犯罪者の弟の苦悩と葛藤を描いた作品でした。

それを観させられ、その人は「もし、さつきが犯罪者になったら、自分もそうだし、

家族親戚学校云々みんなに影響を与えることになるんだよ。

そんなことになってほしくはない。命を、人を大切にしてほしいんだ」と言いました。

 

その言葉が私のこころに刺さり、殺害計画は終わりました。

 

「私たちが幸せになる。それが一番の復讐だよ」言われ、

幸せの努力をしたけど、その人とは結局ご縁がなく結婚にはつながりませんでした。

でも、今でもいい飲み友達として、相談に乗ってもらったりしています。

付き合っていた時より、その関係がベストだったのかもしれません(#^^#)

 

今は今のパートナーと前向きに歩み続けています。☺

 

私は恋をするたびに命がけで恋してます。

勝つか負けるか。

 

さぁこの恋は勝てるのかな?w

 

自殺未遂当事者の会-芯-

会長 土屋さつき