エッセイ by 自殺未遂当事者の会-芯-

当会は札幌市北区(北18条駅近辺)に拠点を置く、自殺未遂当事者による自殺未遂当事者のための自己救済活動を行う自助グループです。当事者が少しでも楽になることを目指し、自分の生きていく「芯」を持つ意味を探す場所として当会を有効活用して下されば幸いです。

くもりガラスの向こうは 風の街ーわかりにくい性格ですか?

「沙津紀ちゃんは曇り硝子みたいだね」 職業訓練の隣の席の一番仲良しだった方に言われました。 いろいろ自分を出しているけど、曇り硝子一つで私のことが見えなくなる。 と言われましたw 私結構、わかりやすい性格なんだけれどなぁ。

その方は、いつも上品でしゃべるのが楽しかった人でした。 卒業後もすぐに職場復帰することができたみたいです。

 

 

私も年の数ほど、書類を送っては、年の数ほど落とされました。 でも、たった1社、希望を持てる会社があったんです。 法律事務所の事務員だったんだけど、 その面接の直前に親友のことがあってうまく笑うことができず、 それを気にして礼状を届けに行ったら、

 

後日電話が着て、欠員が出たらお願いするという電話でした。 結局、欠員はでなく採用まではいかなかったけど、うれしいことでした。

 

 

人生、どこで何が起きるかわかりません。 昨日尊敬していた人に裏切られたり、憧れだった人と繋がれたり。 だから人生って楽しんだなぁ思いました。

 

この文章の中でも、私のことが透明ガラスのように見えるんではないんでは?

 

私はまだまだ曇り硝子でしょうかw それと、私のタイプは、あすなろ白書の「取手くん」キムタクの黒縁メガネをけてる人が好きです☆ミ ね?私は曇り硝子ではなく透明硝子ですw