エッセイ by 自殺未遂当事者の会-芯-

当会は札幌市北区(北18条駅近辺)に拠点を置く、自殺未遂当事者による自殺未遂当事者のための自己救済活動を行う自助グループです。当事者が少しでも楽になることを目指し、自分の生きていく「芯」を持つ意味を探す場所として当会を有効活用して下されば幸いです。

一緒に住むということ

最近、彼と事務所で過ごしています。ちょっとした同棲生活。

嬉しい反面、寂しいです。

同棲ってこんな感じだっけ?

 

私は以前、昔元カレとしてました。

同棲というか私が転がり込んだ形になってますがw

その時はこんな寂しさはなかったです。

当時の彼は6:00くらいに起きて一人で朝ご飯を食べて、食器をシンクに置く。

ここまでが彼の行動範囲です。

そしてそのまま学校へと出勤する毎日。

私はというと、その頃はPU-だったので、朝なんか起きてません。

だから、彼の顔を見るのは、いつも彼が帰宅する時でした。

しかも水曜は会議でめっちゃ遅くなったりして、彼の顔さえ見れずに過ごすこともありました。

そのときは、今みたいな寂しさはなかったです。

愛情がなかったわけではないですが。

私の役割は、昼シンクの中の食器を洗って、掃除機をかけ、洗濯する。

このくらいしかありませんでした。

でも寂しくなんかなかったです。

 

今は、好きで事務所(彼は別荘と呼んでますが)にいて、彼と過ごしている。

最高なシチュエーションなのに、なぜか冷たい時があります。

彼は、朝早いので4:30にアラームをかけます。

私はそれで起きるときもあって、その時は、彼を揺さぶり起こします。

でも、、、。

彼は何だか嫌な顔する一方。

彼の眠りの邪魔はしていないつもりですが、していたようです。

彼は4:30に起きて7:30くらいには、家を出ます。

私は10:25のバスに乗り出勤します。

12月からは9:25だけど。

なので、私の方が遅いのに、起こすから、なんか嫌なんでしょう。

自分のタイミングで起きたいみたいで。

 

だから、私決めました。

もう起きてても寝てても、彼の睡眠を邪魔しないと。

寝坊するならしたきゃいいし、早く起きたいなら早く起きればいいだけのこと。

 

それが、寂しくならない唯一の方法です。

一緒にいるということは、どこかで相手に合わせるか、どこを妥協するのか、

かけ引きです。

結局、今はどちらも仕事も精一杯で、余裕がなく、

幼すぎなんだと思いました。

 

2人とも大人にならなきゃ結婚は難しいと思いました。